ターヴィゴン

ターヴィゴンを塗ってみました!



爪のあたりのレイヤーは後ほど・・ということで、全体はほぼ完了!



タマゴの部分?は紫色のシェーディングを濃い目に、体色は全体的に紫色を薄めにしてみました


顔はなかなか精悍な顔つきです。頭だけでターマゴントくらいのサイズがあります。


ゲーム中にビシバシ、ターマゴントを生み出してくれると良いんですが・・・3D6で2個ぞろ目って結構出ちゃいますよね・・・



さて、HQ同士のそろい踏みです! 次はティラノフィックス塗ってみますかね!

スポンサーサイト

怪獣大進撃

最近帰りが遅くて、全然ミニチュア塗れてませんw というかアポカリ終えてちょっと燃え尽き症候群ですかねw
最近ビークルばかり作っていたので、気分一新モンスターを作成中です!
みてください!この邪悪な宇宙怪物たちを!!
いつもは黒サフなんですが、阿修羅さんの助言に従い、今回は白サフを吹いてみました!


「マウロック」
地中から現れ、地表にいるユニットに大ダメージを与えるという、特攻要員ですね!
IGとか廃墟に立てこもっている臆病なユニット対策にしようと思ってます!


「トライゴンプライム」
こいつも特攻要員ですが、射撃能力や電撃能力も侮れないモンスターです!
シナプスクリーチャーだし、前線指揮官みたく使おうかな?


「ターヴィゴン」
ターマゴントを次々生み出す「生ける空母」ってモンスターですかね?
こいつ自身の能力というか、間接支援能力がなかなか優秀なモンスターですね!


「ティラノフィックス」
ティラニッドの誇る「生ける大型砲台」 96cm 攻10とすさまじい威力を誇るラプチャーキャノン装備です!
こいつさえいれば、ランドレイダーだって落とせるかも・・・


「イビルジョー」
他のモンスターを捕食する凶悪なモンスターです・・・って関係ないですねw
なんか、宇宙モンスターを見ていたら、つい比較で置いちゃいましたw
こうみるとティラニッドのモンスター群はやはり異形のモンスターですね!


モンスター大集合!! ん?二匹ほど違うのがまぎれてますがw
さて、頑張って塗っていきますよ!!
次回アローズトーナメントはティラニッドで行くかなw

オルクフライヤー

「目には目を!フライヤーにはフライヤーを!」
と前回オルク軍をフライヤーでいじめたw自分ですが・・・オルクプレイヤーでもありますので、
「やばい!フライヤー強い!オルクにも導入しないと!」
と、フォージにて早速購入したのでした!(他にもオルク増強しましたヨ・・お楽しみに)


オルクファイタのスペックですが
射2 前面側面背面10
ツインリンク対空Bシュータ 二門
ボム二発
攻6貫4 アポカリプスバラージ
で140ポイントです
オルクにしては結構高コストですね



ファイタボマーは210ポイント!
攻2前面側面背面10
背面用対空ビッグシューター四門
ツインリンク対空Bシュータ二門
ボム八発とかなりお得な装備です!


ファイタより一回り大きくなっています!機首、尾翼の形状がちがいますね

そのうち製作状況も載せてきます!

アポカリプスやりました

昨日の5月12日、クラブチーム「ビッグチョッパ」主催アポカリプスバトルが東千葉駅近くの会場にて開催されました!
5000ポイントずつのタッグ戦、両軍あわせて2万ポイントの大規模戦が、3卓行われました!

アポカリプスということもあり、大型ユニットが目白押し!ガルガンチュアスコイゴスも参戦という豪華な顔ぶれのバトルとなりました!
対戦カードは
インペリアルガード連合軍(カタチアン、ケイディア、エリアシアン)対オルク連合(ゴフ、バッドムーン、イービルサン、デススカル)
スペースマリーン、スペースウルフ連合 対 ケイオスマリーン、デーモン連合
レネゲイトIG、ケイオスマリーン連合 対 ティラニッド連合
となりました


今回の対戦背景はこんなかんじでしょうか?

カストレル戦役から数ヶ月、いまだオルクの大進撃はとどまる様子は見られなかった。
デススカル族の有力族長スカルクの動きを追い惑星ティーバを訪れていたエリシアン78連隊長カニンガム大佐からの増援要請が近隣惑星を防衛するインペリアルガード諸連隊に届けられた!
「現在、我が部隊の監視下にある敵オルク主力部隊に対し、バッドムーンと見られるあらたなオルク部隊が合流しつつある。しかし、現在この惑星上のオルクどもは分散しており、主力部隊殲滅のチャンスである。我が隊が、陽動作戦を行い、狭隘な場所にオルク主力部隊を誘い出す。このDC高地に布陣願いたい!奴らをおびき出しいっきに包囲殲滅せん」
この申し出を好機とみたケイディア、カタチアン諸連隊は、超重戦車を含めた機甲連隊、歩兵連隊を極秘裏に惑星ティーバに上陸、オルクにけどられないよう隠密にDC高地に強固な布陣を敷いたのだった。
ケイディア、カタチアンの増援到着の報を聞いたカニンガム大佐は早速、ゲリラ戦から一転、集結を始めたオルク主力部隊に奇襲攻撃を加える。だが、多勢に無勢で反撃をうけ、逆に追撃を受け、逃げるエリシアン部隊!今までゲリラ戦を仕掛けられ鬱憤の溜まっていたをオルク主力部隊は当然追撃を仕掛ける!エリシアンの車輌を追撃する彼らの前に、忽然と大機甲部隊が現れたのであった!こうして、「DC高地の決戦」の火蓋が切られたのである!



迫るオルク主力部隊!
ストンパやガルガンチュアスクイゴスが見えます!


迎え撃つはケイディア、カタチアン連合軍!超重戦車三両が準備万端です!
ケイディア旗艦戦車としてベインブレード、「ケイディアの守護者」が中軍に鎮座します


スクイゴスに載るルータ部隊!トループ扱いです!


戦闘が始まりました!ベインブレードの砲撃で消し飛んだオルクたち!


右翼カタチアンに食いつくデフコプタ!今回の作戦はマーカーの多い中央、右翼を厚くし、あえて左翼を手薄にしました(^^)アポカリプスの予備戦力は半分が必ず投入できるので、左翼は自軍近くに引き込み、ニターン目の増援で逆襲する作戦でした(^^)


ニターン目、フライヤーの登場です!
フライヤーやばいです!
好きな場所におけるんです!
6が出ないと当たらないんです!
白兵戦が仕掛けられないんです!
ヒコーキ強いね(^_^;)



フライヤーは36mv動かないといけないので、火力はどうしても分散してしまうのですが、今回はベンデッタ4機、バルチャー2機という鬼畜の配備だったので盤面を半分ずつ交代で攻撃することで火力を集中運用できました(^_^;)



オルク軍で最も車輌破壊力の高いデフローラー装備バトルワゴンに火力を集中し、次々と撃破しましたが、反面ストンパ、ガルガンチュアスクイゴスまで火力が、回りません(^_^;)やばいです!


ついに最終ターン、ガルガンチュアスクイゴスの牙が「ガーディアン オブ ケイディア」に迫ります!

しかし無傷の超重戦車は3ダメージまで耐えられます!普通なら壊れません(^^)
しかし、ここでいつも僕を泣かしてくれる最強族長ニッシュさんの大人げない出目がはしります!
なんと、4つ振ったサイコロのうち、追加ダメージまで貰えるチェーンリアクションの6が二つ!普通に1ダメージの5が一つ!さらに駆動系にダメージを与える4が一つ!
なんですか?その羨ましい出目は(^_^;)
俺なら全部1の目だったりして、逆に笑かしてましたね
で超重戦車大破です!お見事!


結果は確保4対1でインペリアルガードがオルクを退けました!

エピローグ

カニンガム大佐は不機嫌だった。あと一歩のところで宿敵スカルクを取り逃がしたのだ!包囲を受けたスカルクは的確に部隊を再編し、自分の搭乗するガルガンチュアスクイゴスを先頭に包囲網に突撃、ベインブレードを大破せしめ、まんまと逃げおおせたのだった。オルクの主力部隊は壊滅させたがグリーンスキンの戦力は、まだ惑星ティーバに多数存在する。スカルク率いる部隊との再戦はそう遠くないと気を引き締めるカニンガムだった。

To be continue

で、今回の主役はフライヤーと超重戦車でしたが、地味にいい働きをしたサイカーバトルスカッド(^^)
めっちゃ怖いノブやウォーボスを帰らせまくってくれました!

ARROWS1250ポイントトーナメント!!

本日は最近お世話になっているARROWSさんで1250ポイントの40kトーナメントがありました!



ルールは、通常の1250ポイント編成でなく、エリート、ファスト、ヘビィが1枠ずつしか使えないという
変則編成ルール!
そのため制限された枠に何を選ぶか?という、かなり悩ましい編成のルールでした!
参加者は10名!
ネクロン
ダークエルダー
オルク
スペースマリーン(サラマンダー戦団)
ケイオスマリーン×3
ブラッドエンジェル
スペースウルフ
インペリアルガード(自分っす)
というマリーン系が6(しかもケイオス3つ!)という参加者でした!

自分の編成は・・・
HQ、カンパニーコマンド(キメラ乗車)
トループ・・・プラトーンコマンド(キメラ乗車) インファントリー*2 ヘビィ(ラスキャノン*3)*1 ベテラン(ベンデッタ)
にレマンラス戦車2両という布陣



はっきり言って接近戦は捨てましたw
ラスキャノンが8門、ミサイルランチャー4門、バトルキャノン2門という高火力を用意!
敵に近よられる前に殲滅する、アウトレンジ戦法に徹しますw
3ターンまでに敵車輌を撃滅もしくは移動不能にして、その後は敵歩兵から白兵戦を仕掛ける前に
漸減していくというのが今回の戦略です!


それでは簡単にレポート!
1戦目!(対スペースウルフ)
初戦は、たぶん最も自分が対戦させて頂いている天木さん率いるスペースウルフとの1戦!
相手の編成はHQ:ンジャル、ライノ3両! ランドスピーダー2両、ヘビィ枠はロングファングという布陣

シナリオは正面決戦、3つの目標確保です。
3つの目標は両軍の本陣近くに1つずつ、もうひとつは自軍寄り中央に配置しました。
この中央の目標確保が勝敗を分けそうです。
先攻を自分が選び、初期配置場所を選びます。
インペリアルガードは、この初期配置の位置取りが非常に重要です。
なるべく高所を選び、自軍火砲の届く範囲を拡げ、射線を多く確保します。
左翼にトループ、中央にベンデッタ、右翼にレマンラス戦車を配置です。

その後天木さんの配置、こちらの射撃を警戒しかなり後ろのほうに配置します。
その後の先制権奪取はなんと天木さんが奪取し、先攻を奪われます・・・ヤバイ
■1ターン
先攻:しかし後ろに配置しすぎたため、あまりライノなどは近寄れず、ランドスピーダーのミサイルでヴェンデッタが衝撃(一時的射撃不能)を受ける程度でした。

後攻:スペースウルフに比べると射程では大きく優勢ですのでほとんど移動せずに射撃。
いきなりレマンラスのバトルキャノンとラスキャノンでランドスピーダー2台をしとめます!
その後トループのミサイルでもライノを1両爆破と移動不能にさせます。

■2ターン
先攻:爆破されたライノからウルフのトループは自軍近くの目標を確保に向かいます。
ウルフの攻撃はロングファングのラスキャノンのみでたいした成果は上がらず。キメラを移動不能にします。

後攻:再びほとんど移動せず(初期配置がうまくいくと、射撃に専念できます)射撃開始
レマンラスのバトルキャノンが火を噴きます!目標確保していたトループを吹き飛ばします!!
その後ライノをもう1台移動不能とし、敵の脚を奪います。

■3.4ターン
先攻:ライノから降りたンジャル部隊が徒歩で近づいてきます。もう一両からもトループ降車し自軍目標を確保に動きます。
ロングファングがキメラを爆破!レマンラスにはダメージを与えられず。ンジャルのサイキックでキメラを破壊します。

後攻:ベンデッタからベテランが降車し、ンジャル部隊にメルタ、ラスガンを撃ちます。周りのIGトループ、ベンデッタからも援護射撃でンジャルを残して全滅させます。(これでトループはいなくなりましたので確保できず)
1部隊は射撃をさせずに白兵戦でンジャルにとどめを刺します。



■5ターン
ほぼ主力を失ったウルフ戦団はロングファングがレマンラスを撃ちますがダメージを与えられず、
レマンラスのバトルキャノンが二発とも直撃し、最後のトループも全滅します!
これで終了し確保2ー0で勝利しました(^^)



次のケイオスマリーンは40K最強キャラのアバドンが率います
白兵戦では当然勝ち目が無いので再び守勢を固めます
ドーンオブウォーの拠点確保シナリオです
拠点を守りつつ、敵車両を狙いますが廃墟などが邪魔でなかなか射線が通りません
終盤アバドン率いるターミネーターに見事な縦深を決められピンチ!


しかしここで射撃を受けたトループが気弱にも退却し白兵戦からは逃れます(^_^;)
これでまた六ターンにはいかずに終了引き分けに終わりました

最後にダークエルダー戦
今まで対戦し、一度も勝ったことが無いので苦手アーミーです
運良く先攻をとり、地の利を得ます
相手は遮蔽物が少ないマップのため、車輌を前に配置、早めに取り付こうという作戦です!
第一ターンの射撃は芳しくありませんでしたが、武器破壊、気絶を与え、移動はさせませんでした
ニターンは射撃が成功し、車輌を二台破壊!徒歩のダークエルダーにもダメージを与えていきます
その後漸減作戦が成功し、アウトレンジからの射撃で車輌を、撃ち漏らしたトループはヘビーフレイマーでトドメをさし、相手が投了しました!
ダークエルダーに初勝利を収めました!
結果は二勝一分けで二位でした
プロフィール

Author:SPACEORK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR