スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新エルダーについて その2

前回の続きです~
1か月早いですねw

◆レンジャー
実は、トループ枠だったりする、レンジャー!
浸透戦術持ってますし、隠密能力より強力な「闇の覆い」もちですので、生存能力はかなり高いです。
60ポイントで編成できるので、トループ枠にポイントを振りたくない場合は非常におススメのユニットです。
ただ、ウィンドライダーの機動力と比べると、やはり優先順位は落ちますが・・・


◆ダークリーパー
ヘビィ枠のアスペクトウォーリアーであるダークリーパー! 
リーパーレンジファインダーの能力で、彼らの攻撃はジンクでよけられないので、バイクなどを倒すには有効です。
また彼らの持つ武器のAPも基本3なので、対マリーン用アスペクトウォーリアーとも言えます。
マリーンと戦うときには非常に頼もしいユニットといえます。 逆にあまり、対モブは得意ではありません。


◆ファイアドラゴン
今回強力になったユニットのひとつです。
対車輛に関しては、最強ともいえる能力を持っています。
彼らは全員がメルタをもち、さらにビークルダメージ判定の出目に+1できるという能力を持ちます。
どんな車輛でも4+で爆散可能という恐るべきユニット(オープントップは3+)なので、ヘイトはすさまじく高く、
彼らの戦場への上手な投入方法が勝敗を分けるといっても過言ではありません。


◆ストライキングスコーピオン
隠密能力と浸透戦術という、スカウトマリーンのような能力をもった重装甲の白兵戦用アスペクトウォーリアーです。
敵に対して、こちらから攻撃しない限り、「闇の覆い」も付与されますので、敵の攻撃を受けずに、近寄ることができます。
とはいっても、エルダーはオープントップの車輛が無いので、徒歩で近づかざるを得ないので、
カバー無視攻撃を持っているアーミーには厳しいですね~



◆ハウリングバンシー
こちらは、ストライキングスコーピオンとは違い、高速で相手に近寄り、白兵戦に持ち込むタイプの
白兵戦用アスペクトウォーリアーです。
全員がパワーウェポンを持ち、1人13ポイントは安いと思います。(前版よりも2ポイント安くなりました!)
しかも全力移動、突撃距離に3mv追加移動もありますし、迎撃射撃を受けない特殊ルールもあります!
うーむ・・・オープントップ輸送車輛さえあれば、一軍間違いないんですがね~


◆レイスガード
新エルダーで大変強化されたユニットです。 新エルダーの定番ユニットとなりつつありますw
基本的にDウェポンを歩兵ながら全員が装備しています。
レイスキャノン、Dサイズといった射程こそ短いですが、当たればどんなユニットでも持っていく火力を持ちます。
耐も高いので、バラ弾には強いですが、スペシャルセーブが無いので、高火力に弱いのが・・・・
基本射撃ユニットなので、ウェイブサーペントとの相性はバッチリです!
レイスホストフォーメーションを組むと、真の実力が発揮できます・・・・


◆レイスロード
前版との変化はありません。
レイスナイトよりもかなり安いのですが、パンチに欠けるため以前はあまり使用しませんでしたが・・・
レイスホストフォーメーションの必須ユニットなので、最近はよく使用しています。
モンスターなので、白兵戦も強いですし、攻防ともにいろいろ潰しの効く万能ユニットではありますね。
ヘイトが高くないため、あまり攻撃されず、意外に活躍することも・・
武装はフレイマー*2がおススメです。


◆アヴァター オブ カイン
HQ枠からロードオブウォー枠になりました。
ポイントなどは前版と変わっていません。 
忘れがちですが、自身と12mv以内にいるエルダーユニットが、恐れるものなし、猛突撃、憎悪が付くなど強力な能力が
追加されました! さすがは神様の憑依体!


◆レイスナイト
前版から追加され、エルダー最強伝説の立役者となったユニットですが、新版でもさらにパワーアップ!
ついにモンスターを飛び越え、ガルガンチュアになり、これでインペリアルナイトの踏みつけも怖くなくなりましたw
ポイントは50ポイント上昇しましたが、ガルガンチュアならではの、高耐久力(痛みを知らない、即死しない、ポイズン6+などなど)
を身に着け、ますます手を付けられない存在にw
白兵戦能力では、インペリアルナイトを軽く凌駕しますので、ガンガン前線にでて、暴れまわるのが最近の役回りですね。
以前はサンキャノン装備の射撃型が多かったですが、今は破壊力がDの大剣を振りまわすのがおススメです。


次回は、エルダーの車輛紹介予定です!
スポンサーサイト

新エルダーについて その1

昨日更新するつもりが寝てしまい、毎月更新の目標は断たれましたが、気を取り直して、
今日はまだ7月31日の気分で更新しようと思います。

今回は、現在40Kワールドにおいて、最強の呼び声高い、「エルダー」というアーミーについて書きたいと思います。

エルダーは、更新前も非常に強力でしたが、今回の更新では、前回とは違うパワーアップが施されましたw
(まあ、強いのは変わらないですが・・・)
そこで、各ユニットの前版との違いと、自分の使ってみた感想を述べたいと思います。
(あくまで個人の感想です)
ちなみに下の写真はエルダーの誇る人型巨大機動兵器「レブナントタイタン」です!


◆フェニックスロードの皆様!
ポイントですが、カランドラスとバハロスが安くなりました。
全体的に特殊能力も強力になり、パワーアップしています。
とはいえ、全員200ポイント台と高いため、あまり使用したことはありません。

アシュルメンが、かなり一騎打ち能力が強力ですので、高ポイント帯なら使用してもいいかもしれません。



◆アウタルーク
ポイントも使い易さも変わらずです。 地味に増援の判定ダイスに+1もしくは-1修正できる能力が強力です。
低ポイント帯のHQとしては使い易いユニットです。


◆ファーシーア
こちらも、ポイント、使い易さも依然変わらない、エルダーの強力なHQの代表格です。
新版は以前よりサイキックが使い難くなりましたが、やはり素でサイカーレベル3は強力です。
今回はいろいろなフォーメーションの要になっていますので、アウタールークより出番は多いHQだといえます。
ジェットバイクに乗せるとさらに使いやすくなるのでおススメです。


◆ウォーロック評議会
新ルールになり、若干弱くなりました。
以前は1人がサイカーレベル1でしたが、新ルールでは「異能者の団」と同じ扱いになり、集団扱いになりました。
人数が増えるとサイカーレベルが上がっていきます。
とはいえ、闘争のルーンは相変わらず強力ですし、ファーシーア同様いろいろなフォーメーションの要となり
使用することは多いユニットです。 ジェットバイクに乗せると使い勝手がイイのは、ファーシーアと同じですねw


◆ウィンドライダーズ
精強エルダー軍団の要といってもよいジェットバイク部隊!
新版で非常に強化されました!
ポイントは以前と変わらずです。
しかし以前は3両に1台しか武装強化できませんでしたが、すべてのバイクの武装強化が可能になり、火力が3倍に!
スキャッターレーザー、シュリケンキャノンどちらかを装備できます。
ポイント、威力は同じなので、射程、弾数に勝るスキャッターレーザーがおススメです!


◆ダイアアベンジャー
ポイントは変わりませんが、特殊能力が加わり強化されました。
迎撃射撃を6のみでなく、5以上で当てる、もしくは「逆襲」ルールを得るなど、
拠点防御にもってこいのアスペクトウォーリアーです。
専用フォーメーションもあり、非常に使い易いユニットです。 フォーメーションのためにも30体は作っておきましょうw


◆ガーディアンディフェンダー
通称「市民兵」の皆さんです。
ウォーロックをアップグレードでリーダーにできるなど強化されましたが、トループ枠としては、ジェットバイク、ダイアアベンジャー
に押されあまり出番はなさそうです。
新フォーメーションも、射程に難があり、ちょっと微妙です・・・


その2に続きます!

逃げゾンビ

どうも、ご無沙汰してますw
最近はすっかりサバゲーばかりして、ミニチュアゲームから、遠ざかっている私ですw
いやあ、サバゲー楽しいです・・・・


とはいっても、GWゲーのルールブック攻勢にはきちんとついていってますよ~
火星、インペリアルナイト、エルダー、スペースマリーン、ダークエンジェルと、すごいペースですよね。

そんな中最近買ったボードゲームがこちら、「逃げゾンビ」です!
ゾンビを扱ったボードゲームといえば、「ゾンビサイド」「ゾンビ15」などありますが、どれも箱が大きいんですよね・・
ところが、この「逃げゾンビ」は箱が比較的コンパクトです。 ほぼインペリアルナイトの箱と同じくらいの大きさでしょうか?


大きさの秘密は、ユニットの移動するボードマップが無いことです。
プレイヤーそれぞれのアクションボードがゾンビとの距離をあらわしていて、
プレイヤーがアクションを終了するとゾンビが近づいてくる仕組みです。
プレイヤーのコマはありませんが、ゾンビ駒はたっぷりついてきます!
しかもけっこう出来がいいんです。


ゲームルールは、基本ダイスゲームです。 ダイスを振り、その結果に応じて、アクションを選択。
アクションによって、カードを引いたり、ゾンビを攻撃したり、逃げたりすることができます。
仲間カードを一定枚数集めるのが目的なんですが、プレイヤーにとっていい追加効果をもたらす仲間ほど点数が
低く、ゾンビを呼び集めやすい仲間や足を引っ張る仲間のほうが点数が高かったりしますw
ルールも簡単ですし、ソロプレイもできますし、ダイスゲームは盛り上がりますから、おススメのボードゲームです!


さて来月は、久しぶりに新エルダーの記事でも書こうかな?

2014年振り返り

すっかり新規投稿を忘れてました(^^;;

あけましておめでとうございます!
さて、新年の抱負でも(^^;;

①ブログは最低でも月に一回は更新する!これに尽きますね(^^;;

ということで、去年のおさらいです!


例のアレで、やらかしました(^^;;
皆様には大変ご迷惑おかけいたしました


大征戦は結局3位でした~
最後はオルクに負けたので、満足でしたね~

その後は、サバゲ始めたり、年末に8000ポイントアポカリしたりと、趣味的には充実した一年間でしたね!
去年対戦いただいた皆様、ありがとうございました!
今年もよろしくお願いいたします

オルク新コデックス!

大征戦に浮かれて、すっかり忘れていましたが、
40K7版の第1弾コデックスとして、みんな大好き、グリーンスキン、オルクの更新が行われました~パチパチ!
残念ながら日本語ではありませんが・・・・・・
日本語に翻訳された、あの味のあるオルク節が読めないのは残念です・・・非常に・・・

ちなみに、今回のオルクですが、結構ルールが変わりました・・・
自分は前版のオルクしか知りませんが大きく2つの変更点があります。

①「群れるが勝ち」の変更・
11人以上いれば「恐れを知らぬ者」がついていたオルク、そのためオルクの代名詞とも
言われた30人ボゥイ編成・・・これが通じなくなりました・・30人いても、ビビります、逃げちゃいます。
新ルールでは、士気チェックに失敗すると、1D6振ります。その結果・・・
1・・・・もしそのユニットが白兵戦に入っていたなら、セーフです。今の失敗はなかったことになります。
もし白兵戦に入っていなかったら? 「逃げるんだよ~」とジョナサンばりに退却をはじめちゃいます
2-3・・ノブや単独キャラが合流している場合、攻4貫通なしの攻撃をD6回受ければ、
今の失敗はなかったことになります。いなかった場合は、退却です。
4-6・・・10人以上いる場合、攻4貫通なしD6回攻撃を受ければ、今の失敗はなかったことになります。
9人以下だったら、退却です。

というように、結構条件が厳しくなりました・・・オルクの士気は基本7なので、士気テスト失敗による
追加ダメージはある程度計算に入れておく必要があります。 
キャラクターを入れる、10人以上で編成することで、ある程度退却は防げるとは思いますが、
以前のように徒歩30人ユニットでの敵陣突破はかなり厳しくなりました・・・・

②グアーグルールの見直しとイアウィゴールール追加
5版の「強行軍」は「全力移動後に突撃可能」だったのですが、6版で「全力移動、突撃移動のダイス振り直し」に
ルールが見直されたことにより、全力移動後の突撃ができなくなりました。
しかし新グアーグでは、効果が「強行軍」の付与ではなく、「全力移動後の突撃可」と明記されましたので、あの
快感がもう一度味わえるようになりました~しかも、「イアウィゴー」ルールにより、突撃時ダイス1個振り直しが
付きました。しかも、オルクデタッチメントを選択すれば、10インチ以上の突撃を成功させると「憤怒の鉄槌」
効果までつきます! これは、長距離突撃狙いにいかないといけませんね~



◆新ルールになり、おススメになったユニット!
①まずはなんといっても、タンクバッスタです!
以前は15ポイントでしたが、今回から12ポイントとお安くなりました!
旧版での使いにくい元凶ともいうべき「俺にやらせろ」という、「見えているビークルに常に向かっていかなくてはいけない」という使い難いルールが、なくなり、使い勝手が格段に上がりました!
「タンクハンター」持ちなので、装甲貫通判定振り直しですから、ビークル破壊が苦手なオルクには貴重な存在です。
さらに彼らのしつけた「ボムスクイッグ」は2+で命中という驚異の命中率を誇ります。
また彼らの持つタンクバッスタボムが「メルタボム」同様に、「機甲殺し」がついたのも大きいです。
彼らが白兵戦に入れば、ランドレイダーでも充分破壊可能なのです。
以前は、エリート枠の定番といえば、ルータで決まりでしたが、ルータがヘビィ枠に行ったこともあり、
新オルクのエリート枠の定番は、彼らと言っても過言ではないかもしれません。



②次はなんといっても、ストームボゥイです!
以前は12ポイント(ボゥイ2人分)でしたが、なんと今回は9ポイント! 
たったの3ポイントでボゥイにジェットパックがつけられます!
また以前は20人までしか編成できませんでしたが、今回は30人編成可能です!
彼らは12インチ、ジェットパック移動し、さらに全力移動時にももう一度ジェットパック移動可能なのです
(その場合、危険地形判定が必要ですが・・・)
さらに、グアーグがかかっていればそこから突撃可能という、すさまじい機動力を持っています。
しかもスラッガ、チョッパという装備は白兵型ボウィなので、突撃時には1人あたり4回攻撃という、
すさまじいダイスを振らせてくれる、新オルクでは、ぜひとも抑えておきたいユニットです。



まずは、基本のボゥイを抑えつつ、このパワーアップした2ユニットをうまく使いながら
今後戦っていきたいと思います。
プロフィール

SPACEORK

Author:SPACEORK
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。